新1円銀貨 左丸銀

新1円銀貨 明治28年 左丸銀

 

新1円銀貨 明治28年 左丸銀

直径:38.1mm
品位:銀900/銅100
量目:26.96g
発行年:明治28年
発行数:11,500,000枚

1円銀貨は従来、貿易専用銀貨(貿易銀)として製造発行されましたが、明治11年より国内でも流通しました。
丸銀の刻印に関しては、明治30年の貨幣法の制定の際に「1円銀貨」の通用禁止と引き換え禁止を決ました。ところが、台湾や朝鮮で主張貨幣として1円金貨の流通は盛んだったため、すぐに使用禁止にはできない状況であり、当分の間、「丸銀」の刻印を打って、外地でのみ通用を認めていました。